注目キーワード
  1. ミニマリスト
  2. いらない
  3. 書評
日々の生活を楽にするミニマリズム入門

【書評】『もう、服は買わない』ファッションに関するミニマリズムをご紹介!

  • 2021年2月1日
  • 2021年9月13日
・ミニマリストの服事情は?
・ミニマリストがオススメのファッション本は?

こんにちは! ミニマリストつかさです。

今回はファッションに関するミニマリズムの本『もう、服は買わない』をご紹介します。

 

僕は服が大好きで、ミニマリストになる前は服をたくさん持っていました。

モノが少ない生活をする上で一番減らしたモノと言っても過言ではありません。

服を持ちすぎる問題は特に女性に多い悩みだと思います。

 

『もう、服は買わない』では服を減らす画期的な取り組みが紹介されており、
クローゼットから生活を変える方法が学べます。

この本を読んで、一緒にクローゼットを整理しましょう!

 

・毎日、着る服で悩む人
・クローゼットに服がありすぎる人
・服を減らしたいと思っている人

 

 

 

『もう、服は買わない』の紹介

 

本の紹介

・服が減ると、選ぶのもおしゃれに見せるのもラクになる
・衝動買いが減って無駄使いしなくなる
・「服はあるのに、今日着る服がない」が解消
・他人の期待に応えなくてすむ!

持っている服だけで十分おしゃれに見せられる

『もう、服は買わない』

 

本のあらすじ

『もう、服は買わない』の著者、コートニー・カーヴァーさんは普段から洋服に不満を持っていた。

毎日のコーディネートに悩みいつも服が足りないような感じがする。

季節が変わったり、外出の予定があるたびに服を買い足してしまう

そして服はたくさんあるのに、似合う服はないと思ってしまう。

 

「服の悩みから解放されたい…」

そう思って、彼女はある挑戦をする。

 

Project333

ルールはとてもシンプル。

3ヶ月間、33着で生活する。

 

『もう、服は買わない』Project333で起きた、人生の変化の物語

 

本の構成

作品は4partで構成されています。

part01 始まる前の準備 (Preparation)
part02 さあ、始めましょう (Start)
part03 最初の3ヶ月が終わったら (After your first 3 months)
part04 本当の自分を取り戻す (Be more you)

 

part1ではプロジェクト333の説明と取り組むにあたっての心の準備が書かれています。

part2~3ではプロジェクト333実践方法や実践された方の具体例などが紹介されています。

part4では服を減らして豊かに暮らす方法を生活全体に広げていき、人生を豊かにする方法が描かれています。 

 

作品情報

著者:コートニー・カーヴァー=著 / 栗木さつき=訳
出版日:2020/12/15
ページ:234P
価格:1650円(税込)
出版社:ダイヤモンド社

 

『もう、服は買わない』3つのポイント

ここからは『もう、服は買わない』を読んでためになったポイントを3つご紹介します。

『もう、服は買わない』でためになったポイントは以下の3つです。

・Project333
・実践に即した配慮
・ミニマリズムをクローゼットから生活全体へ

 

Project333

「Project333」とはこの本で紹介される、少ない服で生活するためのプロジェクトです。

ルールはとてもシンプルで、3ヶ月間(1シーズン)33着の衣類で生活をします。

33着の中には、小物・アクセサリー・靴も含みます。

下着やルームウェア、トレーニングウェアなどは含みません。

 

このプロジェクトの「3ヶ月」「33着」という数字には特に科学的根拠はありません。

しかし、私も実際にやってみて、少ない服でファッションを楽しむためにちょうどいい数字だと感じています。

 

具体例として、僕の夏の服をご紹介します。

僕のProject333はこんな感じです。

つかさのProject333(夏ver)

【トップス】
・Tシャツ 8枚
・シャツ 2枚
・カーディガン 2枚

【ボトムス】
・ジーンズ2本(黒、インディゴブルー)
・アンクルパンツ 1本(黒)

【アクセサリー】
・腕時計 1本
・ベルト 1本

【靴】
・サンダル 1足
・革靴 1足
・スニーカー 1足

合計:20アイテム

 

Project333は33着持たなければいけないわけではありません。

それ以下でも良いですし、事情があればそれ以上持っても構いません。

僕は家事が大嫌いで洗濯の回数を減らしたいので、Tシャツは結構な枚数を持っていますが、33着以内に収まっています。

 

僕は服を減らしてから、かなり生活がラクになりました。

服を選ぶ手間が少なくなり、服を減らしてからの方が納得したコーディネートができています。

皆さんもこの本を読んで、ぜひクローゼットを整理してみてください!

 

実践に即した内容

僕は『もう、服は買わない』を読んで、Project333を実践できると確信しました。

なぜなら、この本が実践に即した内容になっているからです。

 

そもそも3ヶ月33着で生活するには、そんなに難しいことではありません。

しかし、大量にある服を整理することは、肉体的にも精神的にも大変な作業です。

Project333を実践した著者はその大変さを分かっており、この本には実践するための配慮がたくさんされています。

・心理的ハードルを下げる
・整理の途中に休憩を挟む
・33着に飽きた時の対処法 etc…

実践に即した配慮が他にもたくさんあります。

 

この本の通りに進めていけば、きっと自分なりのProject333が完遂できます

 

ミニマリズムをクローゼットから生活全体へ

この本は最初に服からモノが少ない生活を実践し生活全体に広げていく本です。

自分の服を整理した後に、自分なりの生き方を取り戻す方法が描かれています。

・創造的な活動に時間を使う
・生活をスローダウンする
・生活のあらゆるところをシンプルにする etc…

 

服やモノで溢れかえっていたときの生活は、忙しく、苦しい日々でした。

それがProject333を実践することで、服とクローゼットから人生観が変わります。

モノや見栄に囚われないゆったりとした生活を、服から始めてみましょう!

 

『もう、服は買わない』を読むなら…

『もう、服は買わない』を読むなら、Kindle Paperwhite がおすすめです!

 

Kindle Paperwhite(電子書籍)なら、

・ワンタッチで書籍を購入できる!
・データだからかさばらず、管理がラク!
・ブルーライトカットで目に優しい!

本も服と同じで、気づいたら大量にあるモノの1つです。

特に本は服と違い、手放すタイミングがわかりません。

その結果、本を溜め込んでしまいます。

 

この本を読んで服を減らした後は、本の整理もすることになると思います。

今後、本の管理をラクにするためにも、Kindle Paperwhite(電子書籍)を試してみてください!

 

まとめ

ここまで、『もう、服は買わない』を解説してきました。

いかがでしたか?

 

服を減らすための本だと思って購入しましたが、内容は服だけではありませんでした。

本の後半には服以外にもミニマリズムの考えを応用することが書かれていました。

他のファッション誌とは違い、服を減らすことで”おしゃれ”を目指しているところが面白いと感じました。

 

服はとても身近なモノなので、服から”少ない生活”を始めるのはすごく良い考えだと思いました。

実際に服で同じような悩みを抱えている人はたくさんいると思います。

服に悩んでいる方は、ぜひ『もう、服はいらない』を読んで、Prpject333を実践してみてください!

 

 

最新情報をチェックしよう!