注目キーワード
  1. ミニマリスト
  2. いらない
  3. 書評
日々の生活を楽にするミニマリズム入門

【強敵】捨てられないモノの特徴と対策

捨てられないモノはどんな物?
捨てられないモノの対策を知りたい!

こんにちは! ミニマリストつかさです。

今回は、捨てられないモノの特徴対策をご紹介します。

 

みなさんは、なかなか捨てられないモノはありませんか?

僕はたくさんモノを手放したときに、「これはちょっと…」と思うモノがいくつかありました。

 

思いきって手放してよかったと思っていますが、普通はなかなか難しいと思います。

今回はそんな捨てにくいモノを実際に手放したミニマリストが、捨てられないモノの特徴手放すための対策を解説します。

 

・モノを捨てられない人
・捨てられないモノがたくさんある人
・大切なモノだけど、管理に困っている人

  

 

 

3大捨てられないモノ

僕が色々なモノを手放してきた経験から、手放しにくいと思ったものは以下の3つです。

・思い出の品
・コレクション
・プレゼント

 

思い出の品

3大捨てられないモノ、1つ目は「思い出の品」です。

みなさんの身の回りに使っていないけど存在する、思い出の品はありませんか?

 

思い出の品が捨てられない理由は、捨てるという選択肢が思いつかないからです。

思い出の品を、自ら進んで手放そうとする人はいません。

思い出の品は自分の過去のモノであり、手放すと2度と手に入らないモノかもしれません。

そのため僕たちは「思い出の品は捨てないモノ」だと思い込んでいるのです。

 

思い出の品は知らず知らずのうちに溜まっていき、僕たちの部屋を圧迫します。

学生時代のモノ、旅行のお土産、元恋人のモノなど、みなさんの周りにもたくさんあると思います。

 

思い出はあくまで思い出であり、過去の自分です。

今の自分の負担になっているのであれば、今すぐ手放すべきです。

 

コレクション

3大捨てられないモノ、2つ目は「コレクション」です。

コレクションが捨てられない理由は、努力補正思い出補正がかかっているからです。

過去の自分が頑張って集めたという思い出が、手放すのを躊躇させます。

過去の自分が欲しかったモノを手放すのは、過去の自分を否定するような気持ちにもなります。

 

コレクションには、コレクション化しているモノも含まれます。

1読して飾りになっている本使っていない時計、着ていない服などがコレクション化しているモノの例です。

 

持っているモノで人の価値は測れません。

そしてモノは使ってこそ価値を発揮します。

今使っていないモノ今必要としていないモノは手放すべきです。

持っているコレクションが本当に必要なモノか?一度見直してみましょう。

 

プレゼント

3大捨てられないモノ、最後は「プレゼント」です。

プレゼントが捨てられない理由「恩」が原因です。

自分で購入していない、頂いた物という「恩」がモノを捨てにくくさせます。

 

プレゼントはもらった時点で、所有権は自分にあります。

使うのも、手放すのも自分の自由です。

プレゼント今の自分に必要ないモノは、今すぐ手放しましょう。

 

手放すための対策

 

捨てにくいモノを手放すときのコツ

捨てにくいモノを手放すときにはコツがあります。

それは…

「一気に手放すこと」です!

手放しにくいモノには、自分の過去のモノ、思い入れがあるモノという特徴があります。

少しずつ手放していると、その期間中ずっと自分の過去と葛藤し続けることになります。

 

自分の過去と葛藤するのは、辛い作業です。

一度で十分な時間を確保して、一気に手放してしまいましょう。

 

捨てにくいモノ別の対策

 

【思い出の品 対策】

思い出の品を手放すための対策は以下の通りです。

・負担になる思い出の品は持たない
・本当に良い思い出だったか?考える
・電子化する

 

・負担になる思い出の品は持たない

僕は負担になる思い出の品は、最初から持たないようにしています。

 

 

これは僕の思い出の品の”全て”です。

旅行先のパンプレットが、行き先別に収納してあります。

 

旅行のお土産は、そのときだけ欲しくなるモノが多いです。

帰ったときに負担になるモノは、初めから持たないようにしましょう。

 

・本当にいい思い出だったか考える

思い出にもいろいろあります。

いい思い出もあれば、悪い思い出もあります。

見返して本当に良い思い出だったと思えるモノだけ、残すようにしましょう。

 

普段使わないモノは持っているだけで物理的な負担になるのに、嫌な思い出のモノはさらに精神的な負担にもなります。

良くない思い出微妙な思い出のモノは、二度と思い出さなくていいように捨ててしまいましょう。

 

・電子化する

写真ビデオ電子化するのがオススメです。

電子化しておけば、いつでも見返せるようになりますし、キレイな状態で保存できます。

データであれば部屋を圧迫することもなく、管理がラクです。

 

 

【コレクション 対策】

コレクションを手放すには、次の3つの質問を自分にしてみてください

1. 今、使っているか?
2. 生活を豊かにしてくれているか?
3. 生活の負担になっていないか?

自問自答をして2つ以上「NO」であれば、手放すことをオススメします。

 

今使っていなければ、コレクション化している可能性が高いです。

生活を豊かにしてくれていなければ、もう好きではありません

生活の負担に感じているならば、必要以上に持っている証拠です。

コレクションは自分の適量を、正しい用途で持ちましょう。

 

コレクション性のあるモノは、高く売れる可能性があります。

捨てるよりも、リサイクルショップなどでまとめて売るのがオススメです。

 

 

【プレゼント 対策】

プレゼントを手放すための対策は以下の通りです。

・普段使いする
・消費財は早めに使いきる
・一度使って手放す

 

・普段使いする

プレゼントには高級なので、普段使うのがもったいなくて使えていないモノがあると思います。

そういったモノは普段使いするのがオススメです。

 

食器やバッグにはもったいなくて使えていないモノが多いと思います。

プレゼントにはおしゃれなモノが多いので、普段使いすると生活に彩りが出ます。

良いモノはどんどん使っていきましょう!

 

プレゼントを普段使いするときには、今まで使っていたモノを手放すようにしてください。

今まで使っていたモノを手放さなければ、ただ使うモノが増えただけです。

今まで使っていたモノか?プレゼントか?どちらか選んでください

 

・消費財は早めに使い切る

プレゼントに消費財を頂いたときには、その日から使い始めましょう

お酒やレトルト食品など「いざというときに使う…」などと保存していると、使う機会を逃します

消費財はすぐに使い始め、早めに使い切ると負担にはなりません。

 

・1度使って捨てる

これは最終手段です。

形に残るモノを頂いて困ったときには、一度だけ使って捨てましょう

 

ポイントは一度使って、感想を言えるようにしておくことです。

「使ってる?」と聞かれたときに、感想を言うことができれば相手も傷つきません。

 

少々、性格が悪いですが、仕方ないと思っています。

もらった時点で所有権は自分にありますし、
似合わないモノを持っていても、無理して使っても、自分の負担になるだけです。

 

プレゼントを手放すときは、売ったり譲ったりせずに処分するのがオススメです。

売ってお金にすると後ろめたさが出ますし、誰かに譲るとバレる可能性があります。

自分だけで完結させるために処分しましょう。

 

それでも捨てられないときの妥協案

ここまで捨てる方法を実践してきて、
まだ手放せないモノがたくさんある人のために妥協案をご紹介します。

妥協案は以下の通りです。

・許容量を決める
・持っても良いモノを決める

 

・許容量を決める

自分が負担に感じない量を決めてそれに収まる分は持っていいと決めましょう。

小さめの入れ物を1つ選んで、本当に大切なモノだけ入れていきましょう。

 

今後増えることがあっても、その箱に収まる分だけと決めておくと、部屋が圧迫されることはなくなります

自分に甘くならないように、できるだけ小さい入れ物を選びましょう。

 

・持っていいモノを決める

量ではなく、質で残すモノを決めましょう

僕は先程のクリアファイルに旅行の品だけは残していいと決めています。

そのほかの大学時代のモノや元恋人のモノは全て手放しました。

 

残すモノを選ぶことで、本当に大切なモノや大好きなことに気がつきます。

手放すモノを選ぶのではなく、残すモノを選ぶという視点に立ってみましょう。

 

まとめ

ここまで、捨てられないモノの特徴その対策をご紹介してきました。

いかがでしたか?

 

僕は今回ご紹介したモノを全て手放せと言っているわけではありません

大切な思い出のモノ本当に大好きなモノは、持っていても良いと思っています。

 

しかしほとんどの人はこれらを必要以上に持っていて部屋を圧迫しています

すっきりとした部屋の良さを知らないため、圧迫されていることに気がついていないだけです。

 

去のモノを手放すことは、過去の自分を否定することではありません

今の自分に集中するために必要なことです。

手放すことを前向きに捉えて、捨てられないと思っているモノ見直してみましょう

 

 

 

最新情報をチェックしよう!