注目キーワード
  1. ミニマリスト
  2. いらない
  3. 書評
日々の生活を楽にするミニマリズム入門

ミニマリスト食生活 1日2食のメリット・デメリット

こんにちは!ミニマリストつかさです。

今回はミニマリストの食生活について

ご紹介します。

僕はミニマリストになってから、

1日2食で生活をしています。

多くのミニマリストさんが、

1日1~2食で生活しています。

「食生活を見直したい」

「1食減らして大丈夫なの?」

このような方に向けて、

1日2食を実践して半年の僕が解説します。

 

目次

  1. 現在の食生活
  2. 1日2食のメリット
  3. 1日2食のデメリット
  4. まとめ

 

1、現在の食生活

僕の現在の食生活はこんな感じです。

    ↓↓↓↓↓

午前 10:00 朝食 グラノーラ、牛乳
昼食 なし
午後 15:00 おやつ (週1回くらい)
午後 17:00 夕食 ご飯、味噌汁、主菜
         サラダ、野菜ジュース

 

朝食はほぼ毎朝グラノーラと牛乳です。

コーンフレークや果物など、色々試した結果

グラノーラに決めました。

グラノーラは腹持ちが良く

種類もたくさんあるので、

飽きず食べれてオススメです。

昼食は食べません。

勉強やブログをしていて、時間がすぎていることが

ほとんどです。

午後3時ごろにたまにおやつを食べます。

空腹が気になり、集中できなくなった時

おやつを食べます。

午後5時ごろに夕食を食べます。

おやつの関係で前後することもありますが、

早めに夕食はとっています。

夕食は主菜以外は毎日同じもの食べています

メニューを決めるのが面倒だからです。

意識していることは、

朝食を必ず取ることと、

スケジュールに合わせてご飯を食べることです。

朝食を抜くと、夜まで集中力が持ちません。

朝食は少量でも必ず食べるようにしています。

また僕にとってご飯は休憩でしかありません。

ご飯の時間に合わせて行動するのではなく、

僕のスケジュールの応じて、

ご飯を食べるように意識しています。

 

2、1日2食のメリット

僕が1日2食にして感じたメリットです。

  ↓↓↓↓↓

  • 痩せる
  • 時間が増える
  • 節約になる

 

・痩せる

僕は1日2食にしてから、

1ヶ月で3キロ痩せました

太っていたわけではなく、

運動を始めたわけでもないですが、

3キロ落ちました。

不健康な痩せ方だと思いますので、

不摂生な生活をしている方には

1日2食はオススメです。

 

・時間が増える

僕は1日2食にしてから、

自分の時間が圧倒的に増えました

これまでは1日3食

食べなければいけないと思っていたので、

食事に合わせてスケジュールを組んでいました。

しかし、1日2食にしてから、

自分のスケジュールに合わせて、

食事を取れるようになりました。

加えて、食事、料理、買い物の時間も

1回分減ったので、その時間も増えました。

食事の回数を減らしたことで、

使える時間がかなり増えました。

 

・節約になる

僕の現在の食費は1ヶ月15,000円です。

以前は20,000〜25,000円かかっていました。

1日2食にして、昼食をなくしたことが

一番大きかったです

これまでは夕食と同じように昼食をとっていたので、

かなりのお金がかかっていました。

現在はリモートですが、

以前は学食で1日400円ほど使っていたので、

400×30=12,000円の節約になりました。

1食減らすだけで、家計がかなり楽になります

 

3、1日2食のデメリット

僕が1日2食にして感じたデメリットです。

  • 痩せる
  • お腹が空く

 

・痩せる

「メリットと同じかよ!」と

思われるかもしれません。

痩せることはメリットであると同時に

デメリットでもあると感じています。

1日2食にして半年経ちますが、

未だに少しずつ体重が落ちています。

体重計に乗るのが少し怖いです。

最近は夕食をしっかり取るようにして、

体重を維持しているのですが、

意識しないと体重はどんどん落ちていきます

健康は何よりも資産です。

不健康な痩せ方だと思いますので、

「痩せたい」という動機で1日2食にすることは

オススメしません。

 

・お腹が空く

僕は1日2食にして半年ですが、

未だに空腹には慣れません

15:00くらいになるとお腹が空きます。

他のミニマリストさんは、空腹に慣れるようですが、

僕は例外のようです。

1日2食を始めたばかりの頃は、

「1日2食厳守!!」と思っていたので、

空腹を我慢していました。

最近は食生活を見直して、

おやつを食べるようにしています

体重が落ちていることもあって、

罪悪感なくおやつを食べられます笑。

代謝がよく、すぐにお腹が空く方や、

「空腹だと集中できない!」という方には

1日2食はオススメしません。

 

4、まとめ

ここまで1日2食のメリット・デメリットを

解説してきました。

いかがでしたか?

僕としては、1日2食は

お金と時間が増える有効な手段だと

思っています。

特に普段不摂生な生活を

している方にはオススメです

しかし、1日2食が健康を犠牲にした

ものであってはいけません。

おやつを食べたり、たまには外食するなど、

無理をせず続けることが大切です。

まずは1食を飲み物に変えてみるなど、

自分に合った1日2食から始めてみましょう

それではー!!

最新情報をチェックしよう!